愛車にカーナビを搭載|土地勘のない地域でも楽に運転

男性と女性

重量税や自賠責

男性作業員

車検は車を所有している方なら、必ず受けなければならない車の検査となっています。車検を通さずに車を運転することは法律で禁止されており、決められた年数ごとに検査する必要があります。新車であれば、登録後3年目に初めての車検となります。中古車の場合なら購入から2年目に検査を受けることになります。

車検にかかる費用は、車種によって異なるのであらかじめ調べて用意しておきましょう。例えば、軽自動車なら重量税が6600円で、自賠責が26370円となっています。証明書を発行するために、印紙代として1100円発生します。これらの費用は国で定められているので、どこで検査を出しても一律になります。しかし、検査手数料や点検料、整備料などは工場や整備会社によって異なるので、同じさぎょうでも差額がうまれることになります。少しでも出費をおさえたい場合は、ネットで費用を比較するなどして出費をおさえるようにしましょう。

ネットでは車検を行なっている工場や会社を、すぐに比較できるサイトがあります。その比較サイトを利用すれば、住んでいる地域の最適な場所が検索できるようになっています。自分の予算と見合った場所を見つけたら、予約を入れて検査してもらうようにしましょう。車を検査する際は、必ず車検証や自賠責保険証明書を用意しておき、自動車税納税証明書や印鑑も忘れずに揃えておきましょう。利用する専門店や整備工場の会員であれば、ポイントカードを利用してポイントをためることも可能です。